FC2ブログ

ミドリの畑ミドリの指

Home > 2009年01月

2009.01.30 Fri 畑とのご対面

約束の日に、畑で地主さんと待ち合わせ。

貸してもらうことになった畑を見て
まずは、測(足?!)量する。
東西方向に、25歩。 南北方向に8歩。
南側に土手があって、段々畑になっている。

とりあえずは、農機具を用意しよう。
この週末に、買い物だ。
帰り際に
隣の畑のおじさんが、大根をくれた。
地主さんが、人参をくれた。
どちらも、この土から生まれた。
あぁ、ほんとに、これから作るのが楽しみだ。

またもや、興奮していて
写真を撮るのを忘れた。
スポンサーサイト



2009.01.28 Wed 夢は探しに行くもの

数日、最寄りの畑地帯をうろうろして
人を見つけたら、どこか空いている畑を知らないか?
誰の土地か?などと、質問することを続けた。

寒い季節だけあって、畑に出ている人も少なく
人を見つけたら、即話しかける。
けっこう怪しげだったかもしれない。

ある日、「そこらへんの地主さんのお宅があのへんにある」と
散歩中のおばあちゃんが、指差して教えてくれた。

「あのへん…か…。」と、名前だけ教えてもらって
適当にぷらぷらしていたら、呼ばれたように、その名前の表札に行き着いた。
何かの縁だから、思い切ってピンポンをならす。

そこからは、トントン拍子に話が決まり
快く、貸していただけることになった。
その日は、約束だけして、金曜日に地主さんとともに
畑にいって、場所を確認することになった。
すごい!ついてるなぁ~♪

家に帰ってもちょっと興奮気味。
五目豆を煮た。実際は、こんにゃくと人参の二目だったけど。
ホットケーキも焼いた。なんだかお祝いだから、これまた、作り置きの
小豆あんで食べた。

2009.01.21 Wed やっと気づいたこと



やっと気づいたことがある。

畑を自分でやってみたいということ。
他の人の畑で味わえない、自分の畑という感覚。
土を作るということ、育てるということ、実らせるということ。

今年のテーマの一つに、何となく掲げた、「旧暦に触れながら暮らす」。
それは、農の作業にとっても切り離せないもの。
マンション暮らしにベランダガーデンでは物足りなくなってきたから。

よし!
近所で畑を貸してくれるところを探そう。
さっそく、自転車に乗って、探検にでかける。