FC2ブログ

ミドリの畑ミドリの指

Home > 2009年10月

2009.10.29 Thu 辰巳 芳子/辰巳 浜子


辰巳家には、本当にお世話になっている。

豆に関してはもちろんのこと、
辰巳家の著作のすごさは、読み物としても、かなり、面白いということだ。
その語り口はいつも新しいし、独創的だ。
そしてなにより、読むと元気が湧いてくる。
とくにおすすめなのが、夏の野菜カレーと合わせる「印度風小豆ご飯」。

辰巳芳子のことことふっくら豆料理―母の味・世界の味
辰巳芳子 著

スポンサーサイト



2009.10.29 Thu 自然農・栽培の手引き


畑をしよう、パーマカルチャーや自然農の考えを取り入れたい。
そんな時、友人が貸してくれたのがこの本。

まず、エンボス地の質感とタチアオイの花が描かれた、カバーの美しさに目を奪われる。
内容も負けず劣らず美しい。
優しい語り口で、それぞれの野菜の育て方を指南してくれる、素晴らしい一冊。
一家に一冊は、ぜひとも欲しいです。

~いのちの営み 田畑の営み~
自然農・栽培の手引き

鏡山悦子 著 / 川口由一 監修

2009.10.29 Thu 白い紙/サラム

イスラム圏に旅行してから、時間が経つにつれて
郷愁に似たような気持ちになってきた。
それでそちら方面の香りがする本を
見つけるとつい、手に取ってしまう。

読んでいて、表現などが気にかかると、私は訳者の名前を確認する癖があるが
そう、この本は、イラン人である著者自身による日本語の文章だ。
その点でも微妙なニュアンスの違いなどが感じられておもしろく読める。

また、美しい装丁に思わず買って飾っておきたくなること請け合い。
白い紙/サラム
シリン・ネザマフィ