ミドリの畑ミドリの指

Home > 2010年08月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.24 Tue 種の交換会

和歌山県にある、米市農園さんで開かれた
第一回 種の交換会&BBQ に行ってきた。

種会2
ここだけ東南アジアみたいな米市農園さん

いろんな種をいただいた。自分の種は、ほとんど渡せず。
自分の持ってる種にはそんなに自信が無いので、強くは勧められないのだった。

●●いただいた種●●

おかのり
フックラ→ルッコラ、ロケットの別名らしい。
天狗鼻(かぼちゃ)
カウピー
バテシラズ3号(キュウリ)
サラダごぼう
黒大豆
青豆
モロヘイヤ
黒大豆
ズッキーニ
黒とうもろこし(ポップコーン用)
ささげ
三色ささげ
スナップエンドウ
練馬大根
などなど…。

スペシャルゲストでたねの森さんが来られていた。
こちらも種を分けてくださって、素敵だった。

みなさま、ありがとうございました。
大事に保管しておきます、じゃなくて、つないでいくつもりです、できる範囲で。

しかし、今日も暑くて、俄然やる気が吸い取られる。
夏は休むのもアリかな。
あと1週間くらいのがまんや、とお隣のおじさんからうれしいオコトバ。
それを信じて、1週間は…、収穫だけしようかな…。

秋じゃが用に、ニシユタカという品種の種芋を購入。
デジマも試してみたかったけど
特大サイズしか売ってなかったので、こちらは切らずには植えられない。
秋は、切らずに丸まま植えたほうがいいそうで、小ぶりだったニシユタカを選択。
前作は、疫病にやられたので、今回こそ、おいしいのが収穫できますように。
スポンサーサイト

2010.08.05 Thu あっというま7月おわり

畑で取れた赤紫蘇に漬け込んだ
梅干を土用に干す。赤紫蘇は、こぼれ種で十分な量があった。種を蒔かなくてもよかったよう。

もうすでにかなりおいしそう。
梅少々



とか、なんとかやってるうちに、ひゅっと7月が過ぎ去ってしまった…。
ここで軽くおさらい。

大部分腐ってしまった種ショウガも、一部生き残りが元気に成長中(5箇所から芽がでていた)。
新ショウガとして、味わいたいのをぐっと我慢して、今年は、数を増やす。

●種まき

 黒豆…蒔いても蒔いても何者かに掘り起こされ、皮が残っていたので、釣り糸を張ってみたらやっと育ってきた。ぽっぽ野郎の仕業か。

 ズッキーニ(追い蒔き)…今年は、ウリハムシの被害は少ないものの、実がならないで花ばっかり咲く。触るととげが痛いし、かなりやけになっている。人工授粉すればいいというが、そもそも雌花が大きくならない。

 白いんげん…九州で買ったが、北海道育ちらしい。この暑さで育ってくれるのかどうか。

 あずき…去年は早すぎて失敗したので、少し遅めの7月27日に蒔いてみた。

□収穫
 
 とうもろこし…今年はかぼちゃとともに植える。どうも、細くて歯抜けが多い。甘みよりももちっと感があるのはこういう品種なのか、ゴールデンバンダム(名前はとても強そう)。

 待望のサンマルツァーノトマト、やっと出来た。さっそくラトゥイユにしてみた。加熱するとやわらかい。
青サンマルツァーノ

ブッシュ性とのことで、しばらく放任していたら、茂りすぎてつまってきたので、あわててわき芽を欠いた。
確かに、背が低く広がるかんじ。



その他夏野菜は、遅まきながら採れ始めたが、数は少ない。
ちょっと気合が入っていない7月でした。
ひまわりも去年よりは控えめ。

ひまわり少々

朝顔も紫蘇もミントもカミツレも、場所に依っちゃあ雑草です

一句できた…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。