ミドリの畑ミドリの指

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 畑のこと > ミミズの観察

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.03.26 Thu ミミズの観察


今日も特に異常なし。
芽も特に出ている様子はない。
いつになったら…。まだ、きっと寒いのだろう。
地域によっては霜も降りたりしているみたいだし
いいよいいよ、ゆっくりどうぞ。

というわけで
ミミズが出てきたので、観察。
太い。これが太ミミズか。
先頭の部分は尖っていて、口のようなもので
土を食べながら進んでいるように見える。
そして最後尾の部分がやたらとふくれている。
そして、スゴイ!
太陽光にあたると
虹色に光って見える。自分で発色しているわけではないだろうけど
そのぬめりに何かが含まれているのだろう。
う~ん、ノーベル賞が狙えるかもしれない。

ミミズと指

ミミズをじぃ~っと見ていると、まわりの細かいものもよく見えてきて
まわりにもたくさんの子ミミズがいることに気がついた。
まさか、この親ミミズは、子ミミズを探していたりして…
と思って気を抜いたら
いつの間にか親ミミズの背中に一匹の子ミミズがへばりつくように
乗っかっているではないか!!
おそるべし。

親子ミミズ

そして、大きいと排泄もしっかりしている。少しからだをカーブさせて黄色い液体を
出した。きっとこれが土にとっていい養分になるんだろうなあ!
ってことでミミズさん共々セットで畝の中へ移動していただきました。

今日のお仕事

水汲み(溝に水が少なく、たまっているところに謎の泡があったため風呂桶から汲む)
水やり
トウモロコシのところに落ち葉堆肥(落ち葉+米ぬか)
ベランダに土の袋で残りの種芋植え付け
よもぎ採り&餅つくり&餡づくり
ミミズと対話


土手のところに穴を掘って、生ゴミ入れを作っていたら
おじさんに、土手には穴をあけてはいけないと言われる。
土手が崩れてしまうから。
なるほど!たしかにそうかも。
丁寧に、埋め直しました!!

Comments

name
comment
comment form
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。