ミドリの畑ミドリの指

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 本の森 > 晴れた日は

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.14 Thu 晴れた日は

宮田珠己 著
「晴れた日は巨大仏を見に」
を読む。

日本各地の巨大仏を、独自の視点で見て回った
お気楽な、紀行エッセイでありながら
なぜ、巨大仏に著者が惹かれるのかを
深く考察していて
興味深い。そして、大変共感を得る。

淡路島、小豆島、久留米の巨大仏は、見たことがあるが
それ以外は、まだ未知のものばかり。
これからの人生で、じっくりと
探訪してみたいと思う。

本書では
付き添いの編集者が、いずれもいい味を出していて
気になってしょうがない。

あとで調べてみたら
そのうちの一人、袖山さんとは
こんなおもしろい本を出している編集者だった。
二桁のかけ算一九一九 (幻冬舎文庫 (か-19-2))

続いてこちらも笑える
一桁×二桁のかけ算九一九 (幻冬舎文庫 (か-19-1))
あわせて読みたい…。

Comments

name
comment
comment form
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。